18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指す男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

【大学中退】僕の親は僕に人生大失敗して欲しいらしい

f:id:wagashi000327:20180530003044j:plain

 

いきなりですが

 

大学中退がほぼ確定しました!!!

 

僕は大学に入ってまだ二ヶ月経ってないんですが、もう中退する決心がついています。

 

まず大学中退を考えた経緯を説明していこうと思います。

 

第一志望に不合格→何もしたくない

 

めちゃくちゃ勉強頑張ったんですが、第一志望に落ち、考えていた滑り止めにも滑り、直前になってセンター利用で出願して受かってもぜってー行かねーと思っていた大学に入学しました。写真すら見たことないその大学に入学式の日に初めて行ったのですが、感想を言うと特に何も感じませんでした。門の前の「H~年○○大学入学式会場」って書いてある板みたいなやつと一緒に写真撮るとかみんなやってましたが、僕は一枚も撮りませんでした。写真どころの騒ぎじゃないくらい鬱屈だったからです。

 

特に何の感情もなく入学式を終え、体育館を出るとサークル勧誘のチラシをめちゃめちゃ配ってくるんですが僕は一枚たりとも受け取りませんでした。全部下を向いてスルーです笑。当然サークルも入らず、さらにバイトもせず、休みの日も何もしないって感じでした。

 

大学生活の方はといいますと、友達はできましたが、どうも自然な関係が築けず、気を遣ってしまう。いつからか一人の方が楽なんじゃないかとまで感じるようになりました。

 

授業はというと、必修の授業はまだそこそこ面白いんですが、選択科目の講義が死ぬほどつまらない。つまらなすぎて死ぬ。

あと一限から授業の日と五限終わりの日の満員電車も地味にきつい。

 

 

さらに、僕は将来アルゼンチンに移住してそこで働きたいと思っているので、日本で大卒の資格を取ったところであんまり意味ないかなって思ったんです。日本で正社員として働く気はないので。

 

そんな感じで大学がつまらない上に卒業する目的もないのでやめたいって思うようになりました。

 

親を説得しなければならない

 

問題は親を説得できるかどうかです。

 

僕の親は人の意見を聞かない、自分が常に正しいと思っている、納得いかないとすぐ感情的になる、そんな人です。相談なんかしたところで理解されず、時間の無駄であるということは受験期に既に経験済みです。しかし、そんなことを言っても結局親と相談しないことには大学中退などできるはずもないので相談するしかありませんでした。

 

どうせ理解されないだろうという気持ちと、理解してもらわないとどうにもならないから相談するしかないという二つの気持ちを抱えて勇気を振り絞って相談しました。

 

結果は大学中退なんてありえないって感じでした。まあそりゃそうだけどね。親はどうして中退したいのかなど聞いてきたので、正直に答えたらなんと喧嘩腰で反論してきました。自分は相談するために話をしているのに、まるで僕の考え方は間違っている、大学を中退しないことが正しいみたいな言い方をしてくるので、それに反論すると、「大体普段は~なのによくこういう時だけ中退したいだなんて言えるね。」とか「家では家事の手伝いすらしないくせにこういう時だけ親に頼もうとするのか。」とか全く関係ない方向に話がどんどん逸れていきます。そんなことを話したくて相談しているのではないのにまるでこっちの話を理解してくれない。

 

僕が親の主張に対する矛盾点を言うと、いきなり感情論で反論してきたり、それでも矛盾点の指摘を続けると、「じゃあもう知らない」とか、「勝手にすれば?」だのなんだの言ってくるけど、そういうことじゃないじゃん。結局大学中退に関する相談から全く関係ないところに話が帰着して最終的に勝手にしろって、そんな暴論あります??

 

親はなんというか古い価値観をずっと持ってて、小さい時から僕は普通になれと言われて育ってきました。その普通とは何かを説明されずに。結局親の中にある普通が僕の主張によって揺らいだ時に感情論に走ったり、もう知らないと丸投げしてしまったりするんでしょう。

 

僕は親に僕のことを理解して欲しいから相談したんです。口論したくて話してるんじゃない。親を論破したくて話してるんじゃない。

 

結果は相談する前からなんとなくわかっていましたが、やっぱり予想通りでした。

 

僕は自分なりに考えて相談しているのに、まるでそれが完全に間違っている、親の言うことが正しいって考えが親からは抜けてないんですよね。

 

第一これは僕の人生であって親が決めつけるものではない。確かに親の援助は必要かもしれないが、それは親に服従しないといけないということは意味しない。自分の人生を決めようと自分なりに考えたのに、親に服従しないとは何事だとでも言いたいかのような論調でした。じゃあ僕は親に一生隷従したまま生きていかなくてはいけないのか。僕の人生は親のためにあるのか。僕は僕のためではなく、親のために生きなくてはいけないのか。

 

これは僕の人生だ。僕には僕の人生を決める権利がある。と主張したにも関わらず喧嘩腰の反論を続ける親。

 

こういうことをいう割にはいつまでも親のすねかじって生きてんじゃねーよとか言い出すから困っちゃうんですよね。言ってることが矛盾しまくり。昨日も話し合って親の矛盾点を指摘したところ、言い返せないと悟ったのか、ちょっと笑ってじゃあもういいよ(笑)とか優しい口調で言い始める。

 

 

僕は親の意見が正しいと思った部分はちゃんと納得しようと努めます。でも、親は僕の言うことに全く納得してくれない。僕のすべての意見に反論しようとしてくる。もはや何がしたいのかわからない。

 

お互いに分かり合って納得できる結論を出そうとしているのに親はまずそこからわかってないみたい。自分の主張に反論されるのがよっぽど気に食わないんですね。だから全く関係ない話に逸れても自分が正しいと主張してくる。というかもしかいたら自分が正しいと主張できる場面で勝負したいと思っているのかもしれない。自分が有利になるよう話をうまく誘導して反論しやすい話題に持って行っているのかもしれない。というかしている。こっちは勝負する気なんて全くないのに。勝負ってなんだよ。

 

今日話し合った内容では、親は主張がブレブレでかつ自分が正しいと思い込んでいる立場なので何が何でも自分が勝たなければいけないと思っているんでしょうか。どうやら親は自分に従うように僕を育てたいようです。なんでも言う事を聞くいい子()に育ってほしいみたいです。

 

あと、なんなのかよくわかりませんが、僕の学校生活まで親自身の偏見で断定してこようとします。「大学を中退するなんてこの先誰とも上手な人間関係なんて築けないんでしょうね。」とか。「何をやっても途中で投げ出すんでしょうね。」とか。「そんなんで海外なんか行けるわけないじゃん。」とか。「そう言っていつまでも夢でも見てればいいんじゃない?」とか。

 

まず、この先上手な人間関係が築けるかどうかは僕次第です。あなたに決定されちゃ困る。親がこんなことを言う理由としては、中退の理由の一つに人間関係の悩みがあること、休日にどこにも出かけないこと(?)だそうですが、人には性格的に合う人合わない人がいて当然だと思うし、大学にたまたまそういう人が多くいなかったからってこの先もう誰ともうまく関わっていけないなんて、それはちがうでしょ。

休日にどこにも出かけないのは友達がいないからではなく、特に予定もないし、わざわざ外に出かける必要もないと思ったからです。休日にどこもいかない=友達がいないって、もうちょっと考えてから発言して欲しい。

 

それなのに親は勝手に僕を断定してそんなんじゃ何をやってもうまくいくはずがないとかそういうことを自信ありげに主張します。思い込みだけで話進めてるくせに。

 

何をやってもうまくいくはずがない根拠は?と聞くと、高校時代に塾はやめたし(クラスの雰囲気がゆるすぎて効率的な学習ができないと判断したため)、高校も最後の方は行かなくなったし(高校の授業より自宅学習の方が受験勉強の効率がいいと判断したため)、それで大学も辞めるのか?あ゛ぁ?(大学を卒業する目的がない上、授業が果てしなくつまらない、人間関係に悩みがある、やりたいことも目標も決まっているなど)なんてことを言ってくるわけです。

 

これから先何をやってもうまくいかないかどうかは親が判断できることではないし、もっと言うと僕でもわからない。でもそれらは僕がどう人生を決めていくかによって決まると思います。これまでが全くうまくいってないわけでもないし。(第一志望の大学は落ちましたが可能な限りのすべてのことをやったんでしょうがないと思います。自分の意志で最後まで勉強できたので全くうまくいってないわけではないと思う。結果論でいうならダメだったけど総合的に見て完全な失敗ではないと思う)でも上に書いたようなことを説明すると、内容は忘れたけどなんか無茶苦茶な反論をしてくるんです。挙げ句の果てにこんなことを言われてしまいました。

 

「そんなんで今後移住したいとか夢を語って結局失敗すればいいんだよ。」

 

親からこの言葉を聞いたときは正直脳内の思考が停止しました。?????????。ななななにいってんのこいつ?。頭が真っ白とはまさにこのことです。

 

子供は親に理解されて当たり前とは思ってはいないですけど、もっと理解しようとする姿勢くらいは示してくれてもいいんじゃないかな。なんで自分がそんなに正しいと思ってるんだろう。根拠は何なのかさっぱりわかりませんがとにかくこの家を支配しているのは自分で、この家族を支配しているのは自分で、みんな私に従うべきと割と本気で思っているみたいです(以前家と家族の管理者は自分だと親自身言っていました。恐ろしい。)だから家では姉としょっちゅう喧嘩になるし、最終的には感情論でもう知らないと丸投げしてしまうんです。

 

 

今後の予定は?

 

今後はバイトをしながら留学費を稼ぎつつスペイン語を習得しつつ専門的な知識を勉強し、アルゼンチンの大学に留学。生活に慣れるように頑張りつつ、アルゼンチンの大学は卒業できるかわかんないですが、万が一こちらも中退しても専門知識を使って現地で働くという感じで考えております。うまくいくかわからないけど。

 

どこかのブログで自分の人生を自分でカスタマイズできる感じが最高!みたいななことが書いてありました。こう感じれるかどうかは人によるかもしれないですが、少なくとも僕は大学で無意味な四年間を過ごすよりその四年間を自分でカスタマイズしようと考えています。

 

近いうちによほどのことがなければ大学を中退し、将来のためにできることを全力でこなすって感じですかね。

 

よっしゃ!頑張っていこう!