18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指す男の人生を現在進行形で実況します。自由で幸せな生活を送りたい。

今日大学で死ぬほど消えたかった話 - 理由と愚痴をひたすら書く

f:id:wagashi000327:20180619201349j:plain

 

(めっちゃ長いです。)

 

今日(6/18)は授業が5限だけで、その時間は英語のCMを発表するというものでした。

今までその授業では授業時間を使って自分たちでなにか売りたい商品を考え、3分程の動画にしてみんなの前で商品のプレゼンをするというものです。

 

発表中に事前に作ったスクリプトは見ることができないので、必要ならば各自メモを自分で作って持ってくるとのこと。

僕もメモを作って持っていったのですが、実際はスクリプト暗記がベースで、メモは発表中の手助け程度です。

 

んで今日最寄駅の電車を一本逃したせいで学校に遅刻しました。発表当日なのに遅刻です。大学に一番近い駅を出てから「あぁ、帰りたい」と思いつつ早足で大学に向かいました。この時点で精神的にダメージをくらってます。

 

大学で

 

しかもスクリプトをうろ覚えのまま来たので大学に着いてからはスクリプトをもう一度確認し、頑張って暗記する。

するとワークシートが配られ、そこに書く内容はほかのグループの評価(AとかBとか)と、そのグループの各メンバーに対してのコメント(1グループ3~4人)。

僕はスクリプトの暗記をしつつ、いま発表しているひとりひとりに対して評価とコメントを書かなければならない。

厄介なのは、1グループの発表が5~7分程度とあまり長くないことに加え、コメントに書く事がない。そして発表のうち約3分は動画で、それはできれば見たい。それにいま発表してる奴がたまにこっち側(発表を聞いている側)に質問を振ってくる。しかも発表はステージでやっているのでマイクでもあんまり声が聞こえない。

 

つまり、万が一質問が飛んできたときのために聞き取りにくい発表を聞きつつ、スクリプトを暗記し、各々に対するコメントを考え、動画も見るという明らかに詰め込みすぎの状態になってました。ここで精神的に結構辛くなってきます。

 

さらにさらに、僕が聞くときに座った場所がH君とM君の間でした。このふたり、なぜかべったりくっついてていっつも一緒にいます。そのふたりの間に僕が存在するという絶妙にどうしようもない状況になってしまいました。

 

もちろんこのふたりとも僕のことを邪魔だなーと思っているのは僕自身よくわかっていたので、すぐにでも消えたかったです。

僕を間に挟んでふたりで話が盛り上がってます。話に入ろうと思えば入れないこともないですが、そんなことよりも今はやるべきことが多すぎてそれどころではありません。

 

僕はこんな状況でさっき言った4つのことをしなければならず、これに発表前の緊張も加えてもうストレスで死にそうでした。

 

大学の帰り道

 

(ここからが本番です)

 

無事発表が終わり、相当心が疲れたまま授業が終わって大学から帰る時です。今日は帰り道が一緒の人がみんな集まって男女合わせて8人で駅に向かって歩いてました。

 

しかし、ここで今まで僕がこれほど消えたいと思ったことはない状況になってしまいます。

 

ある女子の話によるとどうやら現在のクラスでは何かが起きているのだそう。「気づいてない?」とか聞かれましたが、僕にはなんのことかっさっぱり。「何?気づいてないってどういうこと?」と聞くと、「鈍感だなー笑」とか「いま革命が起きてるんだよ笑」言われていい加減殺意が湧いてきます。

 

今日のグループはそういうことばっかりひそひそと話してて、なんのこと話してるのかわからない僕は話に入れないじゃん。この時僕にできることは話で盛り上がってる7人と微妙に距離を取り、無言で歩くことだけです。ここでもう本気で世界から隔離されたいと感じましたね。

僕だけ完全に浮いてるじゃん。もう僕は疲労しきって雨宮の迷走ニュースをひとりで歩きながら読んでましたよ。あぁ、速やかに消えたい。

 

でもそんな僕を見兼ねたのか、ひとりの女子が話しかけてくれたので教えを請うとどうやらクラスで恋物語が始まっているのだそう。

 

クソ興味ねーーーーーー!!!!!

 

誰が誰に恋してるとか正直どうでもいいし、興味ない。誰が誰に恋しようと人の勝手だし、他人が口挟むほどのことでのないでしょ。好きにさせてやれよ。

 

しかも今日帰ったメンバーの中にもいい感じの雰囲気のM君とSちゃんのペアが有り、そいつらに気を遣ってそこのペアの話には入らないようにしろという周りからの無言の圧力を感じました。

 

 最初は

         女 女

 

    僕 M 男 S 女 女

 

って順で歩いてたんですが、どうやらMはSちゃんのことを狙ってるみたいで、このことはみんな気づいてます。そこで左2の男がうまいことやっていかにも自然な感じでMと場所を入れ替えました。もしかしたらMが事前に指示していたのかもしれないけど。このときのMの顔といったらもうまんざらでもない表情でしたね。ニヤケ全開でめっちゃ嬉しそう。Well done!!って感じ。

 

その後順番は入れ替わりを繰り返し、

 

         女 女 女

 

         僕 男 女

 

          M S

 

って感じで落ち着きました(M君とSちゃんは順番が入れ替えられた時からずっと固定)

 

んでこのM君なんですが、率直に言って僕はコイツ嫌いです。

帰りに乗る電車も同じで、しかも結構長い間一緒にいるんですが、ほとんど話しません。Mはクラスの女の子とLINEしてゲームしてイヤホンしてるしそれに飽きたら寝るって感じで、コイツは明らかに僕に興味ないって意思表示をしてます。まあ僕もコイツと話してたってつまんないし、興味ないんで電車の中では寝るようにしてます。

 

その割には今日ペアのSちゃんとはべらべらべらべら喋り倒して意識的に楽しませようとします。一緒にいて楽しい人、面白い人と思われたいんでしょうが、僕からすれば無理に自分を作っている感じが否めない。

 

僕が特に気に食わないのがコイツが人によって露骨に態度を変えているという点です。こればっかりはほんとにマジで許せない。僕がこの世で一番嫌いなタイプの人間です。

 

関係ないですが僕はなぜかこういうタイプの人間とばかり関わりを持ってしまいます。小中高と合わせて3人いましたね。なんでなんですかね。運が悪いだけ?それとも僕の人選が悪いのか?ほんとこういう人間はどんなやつだろうとクズばっかりです。早く○ねや。

 

このクソドM野郎に関するエピソードがあるので話しますと、新入生オリエンテーションでバスである場所に1泊2日で行ったんですが、その帰りのバスで、クラスの田舎出身の人に差別的発言を繰り返していました。田舎出身だからバカなんだよとか、田舎出身だから頭悪い、頭固い、田舎出身だから俺たちが何話しているかわからないでしょwとか。

 

僕はこの時点でMとはうまくやっていけない、コイツは頭の悪いクズだと確信しました。大体因果関係が全く成立していないし。

Mは元野球部で体格がでかいんで、自分より体も小さく弱そうな田舎出身に狙いを定めて見下しているようです。こういうやついるよね。

 

弱い者を見下し、興味のない相手には適当に対応し、そのくせ女子と話すときはニッコニコして頑張って話を盛り上げようとする。ほんときめぇ。

 

さらに僕とクソドMとペアのSちゃんは帰る方面と電車が同じなので、ここでも僕は存在しづらい。まあ、意図的に時間や車両をずらせばいいだけですが、そうすると毎日帰り暇じゃん。せめてSちゃんとは喋りながら帰りたい。普通に話し相手としてね。

 

純粋に暇だからSちゃんと一緒に帰りたいだけなのに、こういうことを知ってしまうと一緒に帰れなくなるじゃん。むやみにSちゃんに近づこうものならMが勝手にライバル視してくるかもしれません。そうなれば面倒なことに巻き込まれる可能性大です。

 

なんでそこまでクソドMに気遣わなきゃいけないんだよ。僕には直接的な関係は何もないじゃん。

 

しかし、知ってしまった以上は面倒なことに巻き込まれたくないので意図的にひとりで帰るよう心がける必要がありそうです。ほんとめんどくせぇ。今後Sちゃんとは少し疎遠になるかもしれないです。

 

もうこうやって考え事をする度にいちいち心に負荷がかかります。うぅぅしんどい。。。

 

そういえば発表の間の時間にMが「今日帰り雨降らないかなー。雨降ったら(Sちゃんが傘に)入れてくれるって!」って話をH君としてて、脳の血管切れる手前くらいまでイライラしました。ざけんなよ。お前の望む通りに世界が動いてたまるか。頼むから雨降らないでくれ。純粋に雨は好きじゃないんだ。

っていうか間に僕いるのによくそんな話できるな。いやこれは僕が悪いのか?とにかく気に食わないからどっか行って欲しい。

結局雨は降らなかったので良かったのですが。

 

(フリートーク【1】で言ってた電車で一緒にいる時間が長い女子は実はこのSちゃんです。)

 

wagashi000327.hatenablog.jp

 

あと、クラスでペアが3ペアくらいできそうなんですが、女子と話したところその人たちをよく見てみるとめっちゃわかりやすいから明日学校で見てみなよ!って言われましたが、さっきも言ったように興味ないです。

 

でも周りの人達はかなり興味津々みたいで、今後クラスの会話がこんな話がメインになったら僕はどうすればいいんですかね。

みんなと一緒に行動しても話についていけない、というかついて行く気が起きないしでも何も話さないのに集団の中にいても今日のように消えたい気持ちが募るだけです。だからといってひとりで行動しようものなら「僕君って最近孤立してるよね」と周りに影で言われて浮くでしょうし、そうなると授業でグループ活動を行うときに都合が悪いです。最悪です。

 

あぁ、20階から飛び降りたい。。。

 

明日からの学校生活が割と心配です。マジでどうしよ。というか自分で思ったけど心配事がくだらなすぎでしょ。

 

みんなお互いを監視し合っているらしい

 

ところで、「誰が誰を好きとかってどっから情報入ってくるの?」ってさっき出てきた男に聞いたら、「なんとなく雰囲気とか振る舞いでわかるよ。周りをよく見てたら結構わかるもんだよ。」とのこと。いやわかんねーだろ。

 

ちなみにこの恋物語はクラスのほとんどの人が気づいてるそうで、「なんでみんな気づいてんの?」と聞いたら「いや普通気づかね?周り見てたら普通にわかるよ。」とのこと。だからわかんねーよ。

 

他にも「勘のいい人が気づいて周りに話したりしてる」らしい。いや怖すぎるんだけど。

 

この話を聞く限り、あの人は何をしてこんなことをしてこんな人と話してるっていうのをみんな監視し合っているらしいです。それだけひとりひとりの行動言動に常に注意を払い、状況に変化があればみんなに伝え共有する。え、まじで超怖いんだけど。

 

なんていうか、ザ・ジャップって感じ。人と違うとすぐ標的にする。みんな同じが正しいみたいな。いかにも日本人らしい。

最初は全員が恋愛感情が誰にもない状態でクラスがスタートしますから、誰かが恋というみんなと違って自分だけで進むようなことをするとすぐに取り上げ影で話題にします。

 

みんなと違うことをしている人をいちいち話に取り上げて共有するなんて僕には理解できません。何やってようがその人の勝手じゃん。あなたには関係ないよ?どうでもよくない?

 

こういう話を聞いてさらにストレスを感じ、もう心が持ちそうにありません。

 

ちなみにこの男に大学を中退するとここで伝えたのですが、彼は薄々勘づいていたそう。以前に僕が大学中退するかもしれないと発言したことや、普通は教授1人と学生2人でやる面談を自分で希望して1対1でやったことなどから辞めることを予想していたらしいです。そんなに他人のことを詮索しようとすることが僕には理解できません。それとも僕が周りに対する理解力がなさすぎるだけなのかな。

 

帰ろうとして電車に乗るとその後満員に。しかもこの電車めちゃめちゃ揺れる。ストレスでしかない。はぁ、今すぐ首くくりたい。もう心に負荷がかかりすぎて正気を失いそうでした。心と頭の中がぐっちゃぐちゃで割と危ない精神状態だったと思います。帰る途中はずっとこんな感じでした。んで家に帰ってきてこうしてここで鬱憤を晴らしているわけです。

  

まだ気持ちが晴れないところがあるけど、そこは自分と折り合いをつけるしかないかな。ほんとに地獄の時間でした。

 

 

それと、大学に通うのがあと1ヶ月くらいなのでできるだけ大学生活に関する記事を書こうかなって思ってます。大学辞めたら書けなくなっちゃうからね。いやでもアルゼンチンに行ったらまた大学生になるから一応また書けるようになるときは来るのかな。まあまだわかんないけどね。