18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指す男の人生を現在進行形で実況します。自由で幸せな生活を送りたい。

僕が何もせずに時間を浪費する生活を送る原因が多分わかった

 

f:id:wagashi000327:20180714141937p:plain

僕はアルゼンチン移住を目指し、そのために必要な事の準備の効率を上げるために大学を辞める手続きをして、スペイン語を勉強して、バイトを申し込んだりいろいろやっているふうに取り繕っているんですが、平日はまだしも休日になるとほとんど何もしない日があります。

 

今までの時間の使い方

 

休日なんて特にすることがないので(まだバイトはしていません。採用決まっただけ。)スペイン語の勉強とかに死ぬほど時間を費やせるわけなんですが、なんだかんだだらけてしまって結局何もしないでゲームとかYouTubeとかで時間を浪費しています。

 

平日よりも休日の方がおそらく何もしていないです。というのは、平日は大学に行くので家に帰ってきてから自分で自由に使える時間がある程度限られています。そのためなのか、平日は少ない時間を有効活用しようと思ってスペイン語の勉強をしたりすることが多いのですが、時間が有り余っている休日は少しくらいだらけても大丈夫だろうと思っているのか、ゲームやYouTubeに時間を使い、気づいたら何もしたくなくなってまたYouTube、ごはん食べてYouTube...というゴミのような生活を送っています。

 

こんな自分が嫌だと言いつつも結局変わらずに引きずっていました。やろうと思ってる自分もいるけどやっぱり楽な方に引っ張られてしまう→何もしたくない→何もしない→死にたいといった生活です。

 

楽な方に引っ張られてしまうのって、このあと大学辞めるし、時間だっていっぱいできるから今日やらなくても明日また時間がたっぷりあるって考えちゃうのが大きいと思うんですよね。それで毎日同じようにだらけた生活を送ってしまうと。

 

んでこの生活から抜け出す方法を考えたり考えなかったりしてきて、一応の解決策は「なんか行動をとること」でした。でも、これが漠然としていてよくわからず、なんの行動とるの?みたいになって、まあとりあえず暇だからYouTube見てまた死にた(ry

 

 だらけた生活から抜け出す方法(ほぼ自分用)

 

昨日の夜僕がこんな生活を送ってしまう根本的な原因がわかったような気がします。それは、最初にだらけてしまうからです。一日の初めにだらけてしまうともうその日は終わりです。

 

 今までの生活から、朝からだらけている日はそのあともずっとだらける傾向が強いと言うことに気づきました。朝YouTubeから始まってしまうとそれを引きずって昼から急にスペイン語ガチるとかはほとんど出来た試しがありません。

 

 

これに対する解決策は、なにか生産的なことに朝から時間を使うことです。例えば朝起きてご飯食べたら、スペイン語の勉強をする。昼食べて、ブログ更新してみたり、アルゼンチンの情報を集めたりするなどといった具合です。

 

朝にいいスタートを切れれば気持ち的にもいい感じで時間がうまく使えると思います。朝だらけてスタートするのと朝しっかり頭働かせてスタートするのでは、昼からの気持ちも全く変わってくると思います。重要なのは朝です。

 

昨日の夜にこのことに気づいたので今日は朝ごはん食べてあまり時間を開けずにこうやってブログを書いてます。ちょっと眠いけどいい感じ。

 

毎日の充実感が薄れてしまっている

 

エルケンさんの下の記事を読んでいた時に、僕にも共感するところが多く、すごく引っかかりました。

 

elkind.hatenablog.com

 

僕がアルゼンチン移住を考えて、大学を中退して、自分の好きなこと、自分のやりたいことをやるということに胸をときめかせていた日々がありました。その頃は僕は、これから自由になることを考えたら今までの制限のある大学生活よりもずっと幸せだと思っていました。毎日自分の意思を働かせて逐一自分が何をするかを意識していた頃です。毎日を意識的に過ごしていたんですよね。

 

その気持ちが今だんだんと薄れていっているのではないかと思ってます。だから毎日これをやろうと思っても意志があまり働かず、ダラダラして夜になる。数ヶ月前の僕の方が、毎日に希望を持ち、確立した目標がありました。

 

いや今も目標は変わっていないんですが、それに突き進んでいこうという意志が弱くなってきてしまっているんじゃないかというふうに思います。

 

前みたいな、毎日を意識的に過ごすこと、目標に向かって突き進んでいく姿勢、毎日ワクワクしながら少しでも自分自身に充実感を感じること、こういうものが今の僕には必要なんだと思います。しっかりとした希望を持って毎日を過ごしていたちょっと前の僕を思い出しながら、またギアを上げていく必要があります。

 

 

「予定」として組み込むことの大切さ

 

今自分のやっているスペイン語の勉強などは全て自分の意志でやっているので、意思がないなら何もしなくてもいいわけです。学校の課題じゃないんですからこれらにはなんの強制力もありません。

 

しかし、大学を辞める以上はこんなことはできません。何もしなくなったら僕の場合お先真っ暗ですからね。アルゼンチンを目指す以外の選択肢はほとんど取れないと思っていいくらい。

 

強制力はないんですが、若干の強制力というか使命感というか義務感というか、そんなものを伴わせないとまずい感じがします。

 

そして、そのためには一日をなんかしかの予定で埋めるように主体的に動いていく姿勢が重要です。いろいろやるべきこと、やってもいいことの中からいくつかピックアップし、一日の予定に組み込んでいくということがポイントだと思っています。これら全てに強制力はありませんが、予定として組み込むことで少しの強制力、義務感を伴わせることができると思います。 

 

今までの「なんか行動をとる」ではなく、「予定として特定のものを組み込む」ことでやることが具体化され、さらに「予定」なので若干の強制力や使命感が発生するということです。

 

また、休憩としてゲームやYouTubeをやることも控えようと思います。一度だらけてしまうと引きずってしまうと思うので。もちろんその後だらけない程度にくらいなら大丈夫ですが、一度見始めてしまうとなんだかんだで他のことをやりたくなくなってしまうので、結局休憩とは言えないほどの時間と使ってしまい、おまけに何もやりたくなくなるという最悪の展開になることが予想できます。こういうのは自分で管理するのが難しいし、最初休憩のつもりで見始めたのにそうなってしまったら本末転倒です。

 

 まとめると、朝から特定のことを予定として組み込み、毎日希望を持って意識的に過ごすことでだらけた生活から抜け出す糸口になるんじゃないかってことです。

 

 

 (関連記事)