18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指すニート男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

スペイン語ネイティブの先生にアルゼンチンのことを聞いてきました

f:id:wagashi000327:20180722131406j:plain

 

僕が退学面談をした時に、先生に「スペイン語のネイティブの先生が学校に何人かいるから話を聞いてきたほうがいい」と強く勧められ、前々から学生課にも同じことを言われていたこともあったので、早速行ってきました。

 

ちなみにこのことは学生課の人が留学生が集まる場所を担当している先生に連絡を取ってくれて、その先生がネイティブの先生を紹介してくれるという形でやりました。

 

(関連記事)

wagashi000327.hatenablog.jp

 

まずは話を聞ける場所へ

 

僕の大学には多くの留学生たちが集まっている場所があります。空きコマではそこで休憩して、みんなと喋るみたいな、いわば留学生たちの憩いの場です。そこでは英語を始め、中国語、韓国語、スペイン語など、様々な言語が飛び交います。僕たち日本人はそこで留学生たちと実際に話したり、友達になったりして実践的に語学力を上げることができるわけです。もちろんネイティブの先生も何人かいますし、日本語もprprです。

 

僕は今までここに行ったことがなかったのですが、勇気を出して一人で乗り込んでみました。今までは授業の時だけ英語で、ほかは全部日本語という生活だったので、授業以外でも外国語ばっかりっていうのは僕的にいい刺激になりました。今まで体験したことのない環境なんで、半分ビビり、半分テンション上がってたって感じです。

 

そこへ行くと、まずネイティブの先生を紹介してくれる先生を探さなければならず、僕はここに一回も言ったことがなかったので、事務室みたいなのがどこにあるかもわかりませんでしたが、恐る恐る奥まで行くとそれっぽい部屋を発見。話を聞いてみると例の先生でした。

 

この先生と今までの経緯とかをちょっと話していると、ネイティブの先生が登場。紹介してもらって、話はネイティブの先生の部屋でやるというので移動。

 

実際に話を聞いてみた

 

あらかじめ質問をいくつか用意してきたので、早速質問してみました。

 

 まずはスペイン語の勉強法とかを聞いてみました。するとすぐに本を紹介してくれたり、ネットで調べてくれたりととても献身的で優しい人でした。気さくな人で、話していて楽しかったです。あと、声が大きかったwwまぁ小さい声で喋って聞き取れないよりは全然マシですね。声が聞き取りやすかったと言っておきます(褒め言葉です)

 

実はアルゼンチンの情報は日本語入力で検索してもあまりヒットしません。そのため、より細かい情報を得るにはやはりスペイン語で検索をかける必要があります。僕はまだスペイン語のサイトを自力で読めるほどの力はないので、ネイティブの先生に調べてもらうことで、ここでしか聞けないことをたくさん聞けました。

 

また、スペイン語のサイトのURLをスクショした画像や、いろいろ情報が詰まったPDFなんかもairdropで送ってくれました。

 

余談ですが、アルゼンチンの大学のことを聞いているとき、首都ブエノスアイレスにある有名大学、ブエノスアイレス大学はスペイン語で、universidad de buenos aires (ウニベルシダッ デ ブエノス アイレス)というのですが、そのネイティブの先生は、ウニv゛△♪¥●%#?!れすって感じで言っててめちゃめちゃ早かったww何言ってるかわからんやん。いやわかったけど。

 

すると、途中でネイティブの先生がアルゼンチンのことをよく知る学生を連れてくるといい、すぐそこにいた学生を連れてきました。その人がさくらちゃんです(たぶん留学生)。んで、この人なんですが、

 

めっちゃかわいい。。。

 

顔つきは若干ハーフっぽい。実際はどうなのかは知りませんが、大人っぽさとかわいらしさを足してぴったり2で割った感じです。周りの人からしたらそこまででもないのかもしれないけど、僕にはすごく魅力的に見えましたね。別にハーフ顔の人がタイプとかではないし、外国人女性が特別好きというわけでもありません。自分でもこう言う人がタイプなのかわからないけど、でもなんか一瞬で心惹かれました///あと、さくらちゃんも日本語prprですw

 

話を戻すと、さくらちゃんの家族がアルゼンチンに住んでいるということなので、さくらちゃんにいろいろ聞いてみました。

 

さくらちゃんからはアルゼンチンの家のこととかを聞きましたね。現地の知識がある人しか知らないようなこと、もしくは情報収集にスペイン語で検索をかけなればヒットしないようなことです、例えば、外国人が家を得るための条件とか、値段のこととかです。ちなみに一人暮らしは条件が厳しく、家にしろアパートにしろ値段も高いため、アルゼンチンではシェアハウスがおすすめらしいです。

 

とまぁこんな感じで話をして、ほかにも色々質問して、聞きたいことは聞けたところで話をを終えました。

 

話を聞き終わって次の授業に移動している間、さくらちゃんのことを思い出しちゃってニヤニヤを隠すのに必死でしたね(キモいですか?知ってますよ。)

 

まとめ

 

最初はわざわざ話を聞きに行かなくても、スペイン語でサイト見られる力が付いたら情報集めできるから、別に行かなくてもいいかなと思っていましたが、結果的に行ってよかったと思います。(本当はビビってただけw)

 

特にサイトのURLを紹介してくれたのがありがたいですね。後々情報収集が楽になります。それと、実際にアルゼンチンに家族が住んでいるさくらちゃんから話を聞けたことも大きいと思います。やっぱり現地の人から聞ける情報が一番信憑性がありますからね。

 

あと、これは少し話題が逸れますが、人と出会う楽しさみたいなものも感じることができました。こういった人との出会いは大切にしていきたいですね。