18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指すニート男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

大学中退してきました!ここからが僕の人生のスタートだ

2018年7月25日水曜日、退学届を学生課に提出してきました。あとは学会で承認してもらうのを待つだけです。

 

目標に向けての第一歩を踏み出した

 

f:id:wagashi000327:20180726215008j:plain

 

さて、僕の最終目標はアルゼンチン移住で、そのために必要な大学中退というステップを1つクリアしました。

 

大学中退というのは最終目標に向けての道順に含まれる小さなポイント(通過点)に過ぎないのですが、これを達成するためにも多くの小さなステップを踏んで、やっとクリアしたという感じなので、使った労力は結構大きいです。

 

これからこのようなポイントをいくつもクリアしていかないといけないわけですが、改めて最終目標を見てみると結構大変な道ですね。これらのうちの1つをクリアできた時が今なわけですが、やっぱり嬉しく感じます。

 

そして、これからまた次のポイントに向けて、また小さなステップをいくつも乗り越えていくということですね。

 

そもそもどうして大学を辞めたのか

 

僕はもともと社畜になるのが嫌で海外へ逃げる選択をしました。それだけなら大学を卒業してからでも全然いいのですが、日本で就職をしない以上、大卒の肩書きが全く意味を成しません。

 

 

あと、大学を卒業するまで3年半かかるのと、僕は私大なのでめちゃくちゃお金がかかります。奨学金を2種借りて、やっと通えるくらいです。

 

それで卒業後は就職せずに海外を目指すとなると間違いなくお金が足りません。まず奨学金を返すことは不可能でしょう。

 

このように、僕には大学を卒業するメリットがほとんどありません。じゃあ、もう大学辞めても良くない?ということで中退を決断しました。

 

 多くの制限から解放された

 

 大学に通っていたときは(昨日までそうでしたが)いろいろと無駄な制限がありました。学習意欲を削ぐ無意味な課題、単位取得のためだけに勉強したくないことまで勉強しないといけない制度、その場凌ぎのテスト勉強などなど。

 

こういうのって心底無駄だなぁと思います。さらにタチが悪いのは、これらは強制力があるので、無駄だと思っても最後までやり遂げなくてはいけません。途中でなんでこんなことしてるんだろうと思っても解決しません。ストレスが半端ない。

 

 僕はもっと自由に生きたいです。やるべきことは自分で決め、自分が最善だと思うことを選択し、達成する。無意味だと思ったことはやらなくてもいい、そんな生き方です。

 

 これからについて

 

これからまた大変な生活になると思いますが、大学に通うより、大学を辞めるという生き方の方が自分のために生きているという感じがするので、とりあえず充実感が今までと違うと思います。目標に向かってやるべきことを自分で選択して生活するわけですね。僕はこっちのほうが幸せに感じると思います。

 

今の気持ちは、ワクワクしているかと言われれば、そのような気もするし、そうじゃない気もします。複雑な気持ちかと言われれば、若干そうじゃないと思います(←?)気持ち的には割と普通ですwwただ満足はしていますね。

 

これから大きく環境が変わって、今まで経験したことのないことをいろいろ経験することになりますが、まあ頑張っていこうと思います(適当)

 

また、これからの計画ですが、これは結構具体的に立ててあります。若干具体性に欠けるところもありますが、それは追々決めていくということで。

 

それではそろそろ終わります。人生張り切っていこう!

 

 

(関連記事) 

大学中退の手順を説明します(僕の大学の場合)

目標に向けての時間の使い方が下手過ぎて嫌になる

社畜になりたくない僕は海外を目指すべきなのか