18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指す男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

大学辞めたらブログで書くことがなくなった

f:id:wagashi000327:20180801173513p:plain

 

大学辞めてから外にも出ず、ずっと家の中にいるので、特にブログで書く事がないです。

 

というわけで「書く事がない」ということをネタにして何か書いていこうと思います。

 

外の世界について思うことを書いていた

 

今まで書いてきたことは大学生活で外からの刺激を受けて書いている記事が結構あります。人と話してて思ったことや、日常でこれってなんか変じゃない?って思ったこととかを書いたりしてました。この時は何かにつけて思うことが結構いっぱいありましたからね。

 

でも今は大学を辞めて外に出る機会がかなり減りました。というかほとんど外に出てません。バイトは採用は決まってるけど書類のこととか、制服がまだ届いてないとか、いろいろあってまだやってません。(だからクレジットカードが作れず、pro移行もまだできない感じです。)

 

まあ外に行く用も特にないですし、行ってもやることないですし。

 

もともと外自体は結構好きなんですけどね。日光浴びるのとか好きです。

 

外との接触なしで書く事が特にない

 

外から何も刺激なしでブログに書く話題といえば、今のところは大学に通っていたときに思ったことをiPhoneのメモ帳にまとめてあるんですが、そこに貯めてあった話題を書くぐらいですかね。新しく話題を作ってブログに書くのはなかなか話題がないんで難しいですね。一日中何もしていないんで特に書く事がないんです。あ、でもスペイン語はちゃんとやってるよ!

 

ニュースで報道されていることについて思ったことを書くっていうのもアリっちゃアリだけど、報道されていることだけでブログを書くっていうのは文字数が相当少なくなりそうなので、自分でネットで調べて情報集めてからブログを書く事になりそうでちょっと面倒です。

 

 あと、僕は家族嫌いなんで、家族内のこととかでもよほどのことがない限り何か書こうとは思わないです。でも家族が嫌いだっていう記事はそのうち書こうと思ってます。

 

きっかけがないと話題づくりは難しい

 

何もない状態からいきなり十分な文字数のブログを書くのって結構難しいです。自分の頭の中でゼロから話題を作って話を広げる必要があるわけですから。人に「なんか喋ってよ。」っていわれても「何喋ればいいの?」って思うアレと同じですね。

 

まあ今日も特に書く事がないのでそれを話題にしてるってだけなんですけどね。というか書く事がないっていうことを記事にしてもその記事でも書く事がないんでもうどうしようもないですね。草生えますよ。

 

内だけの世界は退屈で刺激がない

 

内側の世界にいるだけでは特に面白いこととか、今日はこんなことがあったよーとかいうことも特に起こりません。ひたすら同じような生活が続くだけです。最初は一日中ゴロゴロできて何もしなくてもいい超楽な生活ができて結構楽しいですが、そんな生活が続くと後々取り返しのつかないことになります。

 

同じような日々が長いこと続いて楽しいという気持ちが薄れていくと、特に楽しくもないのにぐーたらする生活に突入します。この状態でも結構やばくて、ここで元の生活に戻れなかったらほぼ確実に詰みます。

 

元の生活に戻ろうとする気持ちより、楽をしたいという気持ちが数十倍勝り、なんとかしようとは思っているんだけど、頭ではわかっているんだけど、結局なにもしない日々が続きます。

 

 

 

これがニートがつらいと言われる理由じゃないでしょうか。

 

でもやれることはある

 

最後ちょっと話題がタイトルから逸れてしまった気もしなくもないですが、要するに書く事がありません。

 

現状が停滞気味で特にやることがないというところにも原因があるとは思いますが、それでもできることはあります(主にスペイン語)。なので今できることはできる限りやって、バイト生活が始まるまで待つって感じかな。それまでは今まで貯めてきた話題を書こうと思ってます。