18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指す男の人生を現在進行形で実況します。自由で幸せな生活を送りたい。

ドッジボールが嫌い、つまらないと感じる人の意見をまとめてみた。禁止せよとの声も

f:id:wagashi000327:20180907203838p:plain

みなさんは小学校の休み時間とか、体育の時間にドッジボールをやったと思いますが、あれって楽しい人は楽しいけど、つまらない人はマジでクソつまらないんですよね。

 

僕はドッジボール弱くてつまらない派の人間だったので、楽しい派の人たちに向かって僕の主観も含めた愚痴を書いてやろうと思います。

 

[目次]

 

ドッジボールつまらない派の意見

痛い

 

痛い。とにかく痛い。当たりたくない。なぜなら痛いから。

 

強い人のボールが当たるとマジで痛いです。顔なんかに当たったら保健室送り不可避です。

 

口に当たると唇が切れたり、鼻に当たると鼻血が出たり、目に当たると失明していないか割とマジで心配になります。

 

また、みぞおちに当たったり、突き指したり、もう怪我のオンパレードです。そこまでしてわざわざドッジボールなんてやりたくないわ。

 

怖い

 

ドッジボール強い人がボール投げる瞬間の顔ってあれ人殺す時の顔ですよね。見せてはいけない人間の部分が出ています。

 

顔だけでも怖いのに、その人が投げるボールときたらもう弾丸ですよね。投げるのが一番強い人は、「おおっ!!〇〇のレーザービーム来るぞぉぉぉ!!!」(ズギャァァァァァァン!!!!)ピッ!! 当たり!! なんてことがあったと思います。

 

こんな状況でドッジボールまともにできない人がどうしろと。ずっと逃げていてもいつかは死んでしまいます。

 

このどうしようもない恐怖に耐え続けなければならないのはドッジボール嫌いな人からすると本当にきついです。

 

ドラフトやめろ

 

ドッジボール強い人が前に出て自分のチームに欲しい人を順番に選んでいくアレは結構精神的にくるものがあります。選ばれるのが遅い人ほどチームにいらねーよってことですからね。

 

強い人って最後の方に残る人も普通に選んでいくけど、本人からしたらかなり嫌です。戦力にならないなら参加しなくていいじゃんって思います。

 

ドラフト考えた人は大罪人ですよ。絶対許さない。

 

 強い人にしかボールが回らない

 

 チームでやっている以上どうしても勝ちたいものです。そうすると、上手い人だけでボールを回して下手な人にはほとんど回ってこないという状況になります。上手い人は楽しいけど、下手な人はボールを投げることもなくひたすら死の恐怖と戦いながら逃げることしかできません。

 

もう上手い人だけでやればいいじゃんってなるのも納得です。ただ逃げてるだけっていうのはかなりつまらないですから。

 

それか、もうわざと当たって外野で何もしないとかね。同じような人が隅っこに集まって「帰りたくね?」なんていうのはあるあるなんじゃない?

 

 変な気遣いが微妙な空気を生む

 

 先生が「みんなにボールが回るように、キャッチしたら弱い人にも投げさせてあげてね」というのは言われると思います。

 

んで実際強い人からボールを譲ってもらって投げると、クソ微妙な玉になって「どんまい!大丈夫だよ!」と明らかに気を遣われるのが非常に心苦しい。

 

弱い人が投げた後の自分の無力さというか、申し訳なさは多分強い人たちにはわかってもらえないでしょう。わざわざ気を遣わないで強い人たちだけでやってればいいのに。

 

強い人同士の投げ合いならいちいち「どんまい!」なんて言わないだろ。。。むしろ「どこ狙ってんだよ!ちゃんとやれ!」とか言うと思うんだけど。

 

どんくさい人は即ターゲット

 

ドッジボール弱い人っていうのは運動神経が悪かったり、どんくさい人が多いですが、強い人はそう言う人を狙って相手のチームの人数を減らそうとしてきます。

 

相手のパス回しのスピードについていけなかったり、途中でグダグダすると簡単に殺されてしまいます。

 

ここでも上手い人からの「どんまい!」の声が聞こえます。この時の心情はもう複雑すぎて心が痛いです。

 

もしくはどんくさい人に限って後半まで残ってしまうとかね。なんか微妙な雰囲気になってるけどどうすればいいの...?と困ってしまった経験がある人もいるんじゃない?

 

そんなことより他のことがしたい

 

ドッジボールなんかつまんないし、一部の人だけじゃなくてもっとみんなが楽しめるスポーツにしたほうがよくね?」っていうことを思ったことがあるという人は多いと思います。僕もそのひとりです。小5の時からずっと思ってました。

 

「っていうかもう帰りたいんだけど」というのもよく思っていました。

 

ドッジボールよりも他のことの方が明らかに面白いとわかっていながらも途中で抜けることはできないんですよね。

 

こんなことを考えているとドッジボールの時間は苦痛でしかないです。

 

ドッジボールを禁止するか否かの議論が繰り広げられているらしい

f:id:wagashi000327:20180907213510j:plain

さて、少し真面目な話をしましょう。

 

 評論家、社会起業家の勝部元気さんがツイッターで「ドッジボールの強制参加を止め、選択制にすべき」とつぶやいたことが話題となり、ネット上で議論が勃発しました。ニュース番組にも取り上げられてたみたいですね。

 

実は教育界ではこのドッジボールが結構問題になっているそうで、禁止にすべきかどうかが長いこと議論されています。アメリカのいくつかの州ではドッジボールが既に禁止されているとか。

 

ドッジボールを禁止にすることに対して賛成派の意見と反対派の意見を以下にまとめてみました。

 

ドッジボール禁止賛成派

 

  • 怪我が非常に多く、トラウマになりかねない

キャッチが苦手な人からしたら全力で投げられたボールをもろに受けるのは苦痛であり、当たり所が悪いと大怪我につながりかねない。これがトラウマになり、恐怖心を植えつけられることになる。

 

  • 人にボールをぶつけて楽しむ野蛮なスポーツだ

 人にボールを投げ付けることが楽しいだなんて絶対おかしい。

 

  • いじめに繋がりかねない

強者が弱者を合法的にいじめることが可能。弱者側の立場からしたら本当にいじめられているような気分になる。

 

ドッジボール禁止反対派

 

  • 「危ないから禁止」では何の解決にもなっていない

臭いものに蓋をしただけ。「危ないから禁止」が成り立つなら、包丁や火を使う調理実習は危ないから禁止、図工で彫刻刀を使うのも危ないから禁止、と何でもかんでも禁止することになってしまう。

 

  • 子どもの楽しみがどんどんなくなってしまう

ただでさえ公園でのサッカーや野球が禁止されていってるのに、禁止するものがどんどん増えてしまったら子どもは一体何をして遊べばいいんだ?

 

そもそも本当にドッジボールがいじめにつながるのか?ルールの中で戦略的に戦っているだけ。

 

  • 禁止はやりすぎ。自由参加にすればいいのでは?

あくまでも選択制にすべき。禁止するとドッジボールをやりたい子どもは楽しめないし、全員強制参加だと今度はやりたくない子どもが楽しめない。

 

 個人的な意見

 

僕はまだまだ子どもかもしれないですが、一個人として意見を主張したいと思います。

 

僕はドッジボール禁止には反対です。何でもかんでも禁止にすればそれだけ子供の遊ぶ機会を奪うことになります。危険だから禁止では短絡的すぎると思います。

 

実際僕が通っていた小学校では回転するジャングルジムが危険だからという理由で撤去されたのですが、あれはかなり楽しかったですよ。一番上まで登って友達に全力で回してもらったりしてました。今思うと結構危険ですが、それだけ楽しさもありました。

 

子どもにとっては遊ぶことも学習の一つです。ドッジボールを禁止してしまうと、ただでさえいろいろなことがどんどん禁止されているのに、子どもが学習する機会をまたひとつ奪うことになります。それって教育機関としてどうなのでしょうか。

 

かと言って全員強制参加も反対です。先生が「みんなでドッジボールをやりましょう」なんて言うと子どもには選択権は無いといってもいいですよね。

 

全員強制参加だと楽しいと感じる人とそうでない人に必ず分かれます。つまらないと感じる人からしたら、つまらないと分かっていながらも参加せざるを得ないというのはこの上なく嫌な気持ちになります。

 

 そう考えると、やはり自由参加型がベストじゃないでしょうか。ドッジボールに参加したい人だけを集めて遊ぶ。これに参加しない人は他のやりたいことをして遊ぶ。これがみんなが一番楽しめるやり方だと思います。

 

そもそもドッジボールがつまらないと感じてしまう理由の一つに、強い人と弱い人が同じ土俵で勝負をしなければならないという点があると思います。

 

ドッジボールがつまらないと感じる人はドッジボールが苦手な人が多いと思いますが、自分がチームにとって戦力にならない、相手を倒せないのに自分は簡単にやられてしまうといったように、自分より強さのレベルが明らかに上の人が中心のゲームで勝負しろと言われたってそりゃ無理です。勝負したところでほぼ勝てないのは分かってますから。その上当たると痛いし怪我をしかねないなんて、こんな理不尽なゲームはつまらないと感じて当然です。

 

実力が同じくらいの人が集まってみたらどうか

 

実力が違いすぎることがつまらない理由なら、実力が同じくらいの人が集まって遊ぶのはどうでしょうか。

 

これならおそらく多くの参加者が楽しめるのではないでしょうか。自分は下手だが相手も下手ならちょうどいい具合に接戦になるはずです。接戦になれば自然と楽しくなってくるのではないでしょうか。

 

僕自身ドッジボールは嫌いなのですが、一度実力が同じくらいの人を集めて少人数でドッジボールをやったことがありますが、かなり楽しかったです。やっぱりいい感じの接戦になってみんなが楽しめていました。

 

学校でもドッジボールの全員強制参加を廃止し選択性にすれば、弱い人達で集まってドッジボールが嫌いな人でも彼らだけで楽しめるなんてことも可能なのではないでしょうか。