18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指すニート男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

バイトとクラウドワークスはどっちが稼げるのかを、現在両方試している僕が考えてみた

f:id:wagashi000327:20181017232458j:plain

ちょっと前にクラウドワークスを始めてみたんですが、これがぼちぼち稼げるんですよね。

僕はバイトもしているので、より稼げる方で働きたいと思っています。

なので現在の僕にはバイトで安定して稼いでいくか、クラウドワークスで稼いでいくかの2つの選択肢があることになります。ちなみに現段階ではどっちもやってます。

仕事ってやっぱりできるだけラクして稼げる方がいいですからね。

 

ということで、バイトとクラウドワークスのどちらがより稼げるのかについて考えてみました。

 

クラウドワークスとは

 

念のためクラウドワークスは何かを説明しておきます。知ってる人は飛ばして構いません。

同名の総合型クラウドソーシングサイトを運営している企業。オンライン上で、在宅ワーカーと仕事発注者のマッチング、業務の遂行、報酬の支払いまでを一括で行うサービスを提供している。

引用:クラウドワークス - Wikipedia

簡単に言うと、仕事をして欲しい業者がネット上で仕事をしたい人を集めて、仕事量に応じて受注者は報酬金を得られるネットサービスということです。ニートでも引きこもりでも稼げますね。

 

 クラウドワークスはどれくらい稼げるのか

 

クラウドワークス上での仕事は動画編集、記事作成、ロゴ作成などいろいろ種類がありますが、今回は僕が実際にやっている記事作成に焦点を当てて考えていこうと思います。

 

まず最初にですが、基本的に単価が低いものが多いです1文字0.6円~1円くらいでも高単価と言えるでしょう。ひどいものだと1文字0.1円以下とかありますからね。

例えば1文字0.6円で、4時間で4000文字の記事を書き上げたら、時給換算で600円(1記事2400円÷4時間)になります。

これを毎日続けたとして、1日4時間の労働で月収は7万2000円です。

 

 

...稼げなくね?

と思うかもしれませんが、仕事の案件によって単価は上下しますし、記事をどれだけ素早くかけるかによっても時給換算額が変わってきます。

 

例えば1文字1円で、3時間で4000文字の記事を書いたら、時給換算で1333円になります。

これを毎日続けたとして、1日3時間の労働で月収は12万円、年収は146万円になります。

 

...結構稼げるやん?

単価がいい案件を選んで、素早く書き上げることで自分で時給を上げることができます。

要するに、慣れや集中力、効率性によって時給が変動するんですよね。

 

ただ注意して欲しいのは、「1文字1円」での記事作成案件というのはあまり見つからないです(よく探せばあるかもしれないけど)

ときどき見かけるのは1文字0.6円~0.8円くらいですかね。これでも頻繁に見かけるというわけではないので、高単価の仕事を探すという時点で多少時間がかかると思っていた方がいいでしょう。

単価が高い傾向にあるのは、投資系、不動産系、ビジネス系、美容系など、専門知識を必要とする内容のものです。1文字1.5円前後の案件をチラホラ見かけますね。美容系なら結構書きやすいかも。

それと、最初は記事作成に慣れていないため、必然的に時給換算額は下がると考えてください。500円~700円あたりが妥当だと思います。

 

バイトとクラウドワークスの違いについて

 

一方のバイトは、時給がきっちり決まっているので安定して稼ぐことができます。

 仕事量の多寡に関係なく、やる気があろうがなかろうが常に同じ時給で仕事をします。

 

クラウドワークスとの決定的な違いは、仕事に対する強制力の有無です。バイトは行かないと怒られてしまうので強制力がありますが、クラウドワークスは別にやらなくてもいいので強制力はありません。

なのでクラウドワークスはいくらでもダラダラできるのがメリットであり、デメリットでもあります。いつまでもダラダラしていると全く稼げません。

クラウドワークスは自分のやる気次第で稼げるかどうかが変わってきますが、バイトはやる気に関係なく安定して稼げるということです。

 

また、クラウドワークスは自分の好きな時間に働けるのも魅力のひとつですが、捉え方を変えれば常に仕事をしているし、常に仕事をしていないという考え方もできます。

いくらでも仕事を後回しにできるので、結局面倒になってやらないなんてこともあります。

その点バイトは何時から何時まで働くという労働時間がきっちり決まっていて、後回しにすることもできないので嫌でも稼ぐことができますね。

簡潔に言うと、クラウドワークスは時給も労働時間も決まっていないが、バイトは時給も労働時間も決まっているということです。

 

それと、クラウドワークスは在宅ワークであるため仕事上の人間関係が必要ないというメリットがあります。社会不適合者は万々歳ですね。

ちなみにクラウドワークスでの仕事のやりとりは全部チャットで行います。

実際バイトをしていると人間関係がうまくいかない人や、店長に怒られるのが嫌だと思う人もいるでしょう。

クラウドワークスでは直接的に誰ともかかわらず、ひとりで黙々と仕事をすることができます。

 

それぞれのメリット、デメリットをまとめるとこうなる

バイトのメリット

  • 自分のやる気に関係なく稼げる。
  • 労働時間が決まっているので、メリハリをつけやすい。

バイトのデメリット

  • 人間関係に悩まされることがある。
  • 労働量と賃金が見合わないバイトも中にはある。

 

クラウドワークスのメリット

  • 人間関系に悩まされることが全くない。
  • 自分で好きな時間に好きなだけ働くことができる。
  • 平日休日を問わず毎日でも働ける。
  • ニート・引きこもりでも稼げる。

クラウドワークスのデメリット

  • 報酬額が低いことが多い。
  • 意識的にやろうとしないと結局いつまで経ってもやらない。
  • ダラけがち。

 

こんな感じですかね。

バイトはとりあえず稼ぎたい人にオススメで、クラウドワークスは人と関わらないで稼ぎたい人にオススメです。怠け癖がある人はクラウドワークスはやめておいたほうがいいです。

クラウドワークスは結構自分に依存する要素が多いですからね。惰性で続けるならバイトの方がいいと思います。

 

結局バイトとクラウドワークスはどっちが稼げるのか

 

正直これは人によるとしか言えません。特にクラウドワークスみたいな働き方は合う合わないがはっきり分かれると思います。

自分で労働時間を決めて、素早く作業ができる人はクラウドワークスの方が稼げるし、そうじゃない人はバイトの方が稼げます。クラウドワークスは自分から進んでやろうとしないと全く稼げないですから。

 

ただ、学生など忙しい人はほぼ確でバイトの方が稼げると思います。よっぽど暇な学生ならクラウドワークスもありかもしれないけど。

フリーターの人なんかは自由に使える時間もそれなりにあると思うので、いい案件と集中力があればバイトやそれ以上に稼げる可能性も十分にあります。

 

それと、おもしろいデータを見つけたので貼っておきます。

f:id:wagashi000327:20181017223041p:plain

f:id:wagashi000327:20181017222621j:plain

引用:http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80447/5dd161a1/a25f/4271/a21f/1669851e72f7/20160209191009022s.pdf

1枚目はクラウドワークスのユーザー数、2枚目は月収20万円超のユーザーとそのユーザーの職種を表したデータです。

データを見て分かるのが、2016年2月時点でクラウドワークスのユーザー約80万人のうち、月収平均で20万円以上稼いでいる人が111人で、これは全体の約0.014%です。

さらに、月収20万円超ユーザー111人中、月収20万円超ライターはその内3.6%、約3人です。

というわけで、クラウドワークスの記事作成で月収20万超はまず無理だと思ってください。10万円なら頑張ればいけるかもしれないけど、稼げるのはまあそれくらいです。

年齢層や職種から見ても、専門的な知識やスキルを身につけている人がより多く稼いでいると考えられます。

 

バイトからクラウドワークスに切り替えようと思っている人へ 

 

バイトからクラウドワークスに切り替えようと思っている人は、一旦同時に両方試してみて、それから自分に合う方を選んだ方がいいと思います。

クラウドワークスをやったことがないのにバイトを辞めるのはやめたほうがいいです。万が一クラウドワークスが自分に合わなかった時のことを考えると、バイトはまだ辞めないでいたほうがいいと思います。

 

 僕はどうするか

 

僕は現在バイトもクラウドワークスもやっていますが、バイトよりクラウドワークスの方がよりラクに、より稼げるようになったらバイトを辞めてクラウドワークス一本に切り替えようと思っています。

現段階ではクラウドワークスの時給換算額も低いし、いい案件もあまり見つかっていないので、切り替えるのはもうちょっと先のことになるかと思います。 

いい案件が3つくらい見つかり、それが続けられそうで、月収もぼちぼちになるようだったらバイトを辞めてニートしながら稼ごうと思っています。イェイ。