18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指すニート男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

どうせ働くなら楽しくて誇りのもてるクリエイティブな仕事がしたい【ウェブデザイナー】

f:id:wagashi000327:20181026135207j:plain

バイトに最近不満が溜まってて、自分がやりたい仕事は何だろうって考えるようになりました。

僕はアルゼンチン移住という目標は決まっているんですが、アルゼンチンに行ってどうなりたいかがまだ決まっていなかったんですよね。

薄々感じていたんですが、これって結構やばいなと思って。向こうで何か仕事をするなら必要になる専門知識とかも今のうちから勉強しておきたいですし。毎日嫌々働いてたって楽しくないですからね。

 

僕の「労働」に対する価値観

できるなら働きたくないし、喜んで働きたくもないです。

まあ働くこと自体は別に嫌ではないですが、働くことを強制されるのが嫌なんですよね。

 

例えば別に急がないといけない場面ではないのに早く仕事をこなすことを強制されたりするのは嫌ですね。別にそこまで急がなきゃいけない重大な理由なんて特にないと思うし、いくら働いたって時給変わらないですし。

働くことだけが重要じゃなくて、どのタイミングでどれくらい休むのかといった様に、休むことも大切なのではないかと思いますね。

そんなに頑張ってたら疲れちゃうもん。働くことって疲れなきゃいけないこととは意味が違うでしょ?

 

それと、できれば人の下で働きたくないっていう思いもあります。

例えば正社員になったとして、上司の理不尽な要求に耐えながら嫌な仕事をして働くなんて絶対に嫌ですね。何のためにこんなことをしているのかと自問自答した時に答えられなかったら、自分の存在意義はどこにあるのかという話になってしまいます。

 

他にも、他の人との連携が重要な仕事だと、お互い馬が合わないとやってられないじゃないですか。人間関係に軋轢が生じますよね。

まあそれが今のバイトで、他の人と馬が合わないから愚痴ばっかり言ってるんですけどね。

他の従業員はみんな長いこと勤めているし、僕はまだ入ってそんなに経っていないので発言権は弱い(←新人だから発言権が弱いっていうのはおかしいと思ってる)のですが、お互いの間に問題が発生した時に、発言権の強弱という理由で余計に問題の解決が面倒になります。こういうのが嫌だ。

 

それに、人に怒られたくないっていう思いもあります。

これはなんかよくわからないけど大学受験が終わってからメンタルがすごい弱くなって、ストレスにかなり弱くなったっていうのが理由だと思います。

もう嫌になっちゃったんだと思いますね。怒られることに対して無意識的に拒絶反応が出ているみたいな。

上の立場の人から怒られると反論しづらいじゃないですか。それって自分の主張する権利を剥奪されている感じがするんですよね。

本気で人に怒られないで生きていきたいって思います。

 

自分のために積極的に働くのはいいんですけどね。でも今のバイトみたいに不自由な側面が多くある環境でわざわざ働く必要はないんじゃないかとも思います。

 

現在のバイトに対する不満

労働量に対する給料が見合っていない

時給は950円で、平日なら悪くない時給ですが、休日は明らかに労働量に対する時給が低いと思います。休日は時給1300円くらいでてもおかしくない。それくらい忙しいし、労働量も多いです。

 

未払賃金

バイト先は15分区切りで時給を入れているため、出勤時と退勤時で1日最大28分無給で働かせることができます。多かれ少なかれ無給で働かされているというのは納得できないですね。

 

ほかの人と馬が合わない

さっき書いた通りです。

同世代の人とかがいないので、ワイワイやっている会話には入れないし、勤務時間中は働く意外にやることがありません。なので何となく休みづらいです。

 

意見を言うと嫌な顔をされる

自分ではおかしいと思うルールや風潮も「おかしい」と主張すると「うちではこれが普通だから」といって聞く耳を持ってもらえないように感じます。

未払賃金もそうですが、正当な発言をしているにもかかわらず、僕の方がおかしいみたいに言われるのはおかしいでしょ。

たとえ自分以外のみんながおかしくても、それが多数派だからという理由で少数派の僕の意見が潰されるのはさすがに理不尽さを感じずにはいられません。

 

これだけの不満があるのにわざわざこのバイト先で働く意味などもはや無いように感じます。

 

 自分にはどんな働き方が適合しているのか

 一生バイトで稼いで生きるわけにもいかないので、自分に合った、自分がなりたい職業を見つける必要があります。

「自分がどういうふうに働きたいか」という点と、「自分がやりたいことや興味のあることは何か」という2点が、どんな仕事をやりたいかを決める重要な要素になってくると思います。

 

僕は人の下で働きたくない、人に怒られたくない、という面を考えると、ひとりでやる場面が多い仕事や、フリーランスという形がいいんじゃないかと思います。

でも、自分のやりたいことや興味のあることで仕事にできそうなものがなかなか無くて困っていたんですよね。自分の知らない仕事を知る方法がわからないというか。そうなると結局自分がどうなりたいのかがわからないというか。

 

クリエイティブな仕事に憧れていた

クリエイティブとだけ言うと意味が広すぎますが、独創的で、自分にしかできないような、自分の個性を出していけるような仕事をやってみたいと思っていました。

誰にでもできる仕事はやりたくないというわけではないですが、僕は僕がこの世界に存在する意味が欲しいので、できれば僕にしかできない、僕だからこそできる仕事をやりたいと思っていました。

 

クリエイティブな仕事をするためには、それだけクリエイティブなスキルが要求されることになりますが、逆に言うと何もスキルがいらない仕事って誰でもできる仕事ってことですから、そう考えると頑張ってスキルを身につける価値はあると思いますね。

 

ウェブデザイナーはどうか

そんなことを思いながら以前ブログのデザインを弄っていたのですが、そこで僕はウェブデザイナーという仕事を見つけました。文字通りウェブサイトのデザインをする仕事です。

このブログのデザインを弄った時は、(ほぼコピペとはいえ)結構楽しかったし、どんな仕事か調べてみると、僕に結構合っているのでは?と思うようになり、「ウェブデザイナー、アリかもしれない」と考えるようになりました。

 

ということでウェブデザイナーの勉強をちょっとかじってみることにしました。

よく覚えたコードは使わないと覚えないと言われていますが(そりゃそうだ)、このブログとかいい練習台になりそうですし、慣れてきたらクラウドワークスでウェブデザインの案件をもらったりできるので、なかなか悪くないんじゃないかと思います。練習用のサイトなんて何とでもなります。多分。

 

ウェブデザインってその人にしかできないデザインがきっとあるし、デザインで個性を主張したりすることもできるわけです。これって結構僕が望んでいるというか、現段階では理想に近い仕事だと思っています。

人の下で働かないことを考えると、フリーのウェブデザイナーになれたら最高なんじゃないかと思っています。

まだ独立の仕方がわからないので問題はありますが、結局人の下で働かないとなると独立しかないと思うので、具体的な方法はウェブデザイナーになることが現実味を帯びてきたらにしたいと思います。

 

 一番理想なのは、面白くて色々やっているうちに自然とデザインできるようになっていたっていう形ですよね。

既に基本的なHTMLとCSSの本は購入したので、これでウェブデザイナーがどんな感じなのかをちょっとかじってみようと思います。

 

また新しい目標ができたぜ。正直やることめちゃめちゃ多いんだが。