18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指すニート男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

【高校生向け】ファミレスのキッチンのバイトを絶対におすすめしない6つの理由

f:id:wagashi000327:20181109165000j:plain

僕はつい一週間程前までファミレスのキッチンでバイトをしていましたが、いろいろと不満が溜まり2ヶ月で辞めることにしました。

ファイレスのキッチンのバイトをしようと思っている人、特に高校生にこの記事は読んで欲しいのですが、マジでやめたほうがいいです。

ファミレスでバイトをしていた僕が、ファミレスのバイトを絶対におすすめしない6つの理由を説明しようと思います。

 

1、暗記量が半端なさ過ぎる

ファミレスに行ったことがある人はほとんどだと思いますが、席に着くとメニューがバーっと何十種類もあるじゃないですか。

あれらのつくり方を全て完全に暗記します。なんだかんだ言ってこれが一番キツいです。

ひとつひとつのメニューを一から全て覚え込まされます。その量は日本史でいうと原始から室町時代までくらいまでです。全て覚えないと十分な戦力としてみなされません。

 

ひとつひとつ覚えていけば問題なさそうですが、実際のシフト中は覚えたものから覚えていないものまでランダムに注文が入ります。

それぞれ作り方は細かく決まっているのでほかのメニューと混同したりもするし、細部を忘れてしまうことも多々あります。かと言って失敗もできないのでほかの人に質問する必要がありますが、ほかのみんな忙しそうにしているため質問しまくると嫌な顔をされます。

そうなると作り方メモはもはや必須ですが、忙しすぎるとメモを取る時間すらありません。次そのメニューの注文が入ったら確実に詰みます。

 

それに、お皿の名前やソースの名前なども全て覚えなければなりません。

慣れている人はそういう用語を連発して指示するため、覚えるまではもはや身動きすら取れません。

高校生ならこんな無駄なことばっか覚えてないで暗記科目でもやったほうが数億倍マシです。

 

2、同時進行で料理をする必要がある

注文量が多いといくつものメニューを同時進行で作る必要があり、どのメニューをどの順番で作るか、何をどこまで作ったかを全て自分で瞬時に整理しなければなりません。いわゆるマルチタスク。

ただ、これが慣れるまでが相当辛いです。

万が一何をどこまで作ったかを忘れてしまうと、ほかの人に聞いてもわからないため確実に詰みます。

また、作業に抜けがあるとお客さんに料理を提供できないため謝罪不可避になります。

 

3、労働量が多すぎる

純粋に忙しすぎます。

特に休日祝日はとんでもなく働かされます。時給1000円以上出てもやらないほうがいい。

お客さんにはできるだけ早く料理を提供する必要があるため、どれだけ疲れていてもどれだけたくさん注文が入っていても素早く料理を作らなければなりません。

全員常に動き回っているので頭も体も疲れます。しかしいくら疲れていても働かなければなりません。

ただでさえ学校とかで疲れているのにこんなことやってたらいつか限界突破します。学校生活に支障が出るのも時間の問題です。

バイト終わりは疲れてもう何もできないでしょう。家に帰ったら爆睡です。

キッチンバイトはプライベートの時間にも影響を与えるのです。

 

4、人間関係が面倒

ファミレスのキッチンはフライヤーやソテーなど担当する場所が決まっています。当然最終的には全てできるようにならなければなりません。

それぞれの担当の場所に付き、うまく連携しながら料理を作っています。

そのため、人間関係が重要になってきます。

全員の息がうまく合わないと提供する時間にも影響が出るし、お互いの息が合わずに人間関係に軋轢が生じることもあります。

同世代や友達がいないバイト先と時間は絶対に避けたほうがいいです。

パートの主婦やおばちゃんしかいない場所は会話に入れず確実に詰みます。

 

5、暑い、熱い、寒い、冷たい

冷凍庫の中や火のすぐ近くを行ったり来たりするので温度差が激しすぎて嫌な気持ちになります。

最初は冷蔵庫のどこにソースがあるかもわからないので寒さに耐えなければなりません。

 

お皿や鉄板は食洗機で熱湯消毒とかで洗うのですが、熱すぎてまず触れません。

鉄板なんか触ったら簡単に火傷できます。

でも忙しい時は熱くても触らないといけない時があるので、火傷覚悟でやるしかないのです。まさに滅私奉公。

こんな思いをしてまでわざわざキッチンで働く意味を見つけろという方が無理な話です。

 

6、結局料理に関する知識なんて学べない

僕も最初は料理に関することを学べたらいいなーなんて純粋な動機で始めましたが、結局ほとんど何も学べませんでした。

というのも、必要なものは注文が入ったらすぐに料理できるように最初から用意されているものがほとんどです。

実際にやることはそれらを鍋に放り込んで、調味料を入れたり盛りつけにいろいろ乗せたりするくらいです。ただの作業ゲーです。

もし「料理ができるようになりたいからキッチンでバイトをしたい」と思っている人がいたら、そんなことしないでお母さんから教えてもらってください。こっちの方がはるかに料理が上達します。

 

結論:やめとけ

この一言に限ります。やめとけ。

いいことなんか何一つないです。何も学べないです。

バイトするならもっといいのがあると思うし、数ある選択肢の中からわざわざキッチンを選ぶなんてちょっと人間性を疑うレベルです。

大学生やフリーターの人はもちろん、高校生がキッチンでバイトなんて絶対にやめたほうがいいです。というやめてください。

いくら時給が高くてもキッチンは本気でやめたほうがいいです。

バイトするなら、ぜひ他のいいバイトを探すことをおすすめします。