18歳から人生が始まった

ゼロからアルゼンチン移住を目指すニート男の人生を現在進行形で実況します。自分らしく自然な姿で生きたい。

理屈っぽい人は嫌いですか?じゃあどうやって意見を言えばいいですか?

f:id:wagashi000327:20181111142504j:plain

よく理屈っぽい男は嫌われるとか、そういう人は嫌いという人がいますが、理屈っぽいといっても自分を中心に世界が回っていると思い込んでいるただの自己中もいれば、意見交換のために議論したいという人もいます。

そういう人達をを全部ひとまとめにして「理屈っぽいから嫌い」と言われたって、そりゃないぜと思います。

僕は親にしょっちゅう理屈っぽいと言われますが、自分は意見を主張しているだけと考えています。意見を言っただけなのに理屈っぽいって言われても納得できません。

 

この記事は人のことを短絡的に考えて「理屈っぽい」という人に対する反論の記事ですが、「じゃあ別に聞きたくない」なんて思った人は相手を理屈っぽいなんて言う資格はありません。それは相手が理屈っぽいのではなく、あなたが反論されるのを避けているだけだからです。 

理屈っぽい人が嫌いな人も、ここでは僕の反対意見を聞いてもらえると嬉しいです。

 【目次】

 

男なのに理屈っぽい←意味がわからない

親に言われたり、女子の陰口でよくあるのは「男なのに理屈っぽい」というフレーズですが、僕はこれが全く理解できません。

「男なのに」っていうこの限定条件は何ですか?どうして男限定なんでしょうか?

女ならいくら理屈っぽくてもいいんですか?なら男が理屈っぽいのがダメなのはどうしてですか?男が理屈を説明することの何がダメなんですか?

 

この説明は本当に意味がわかりません。男なのに理屈っぽいのがダメなら、女ならいくら理屈っぽくても別にいいということになります。ここに正当な理由はありますか?

物事の理屈を説明するのが男性限定でダメな理由が全くもって理解できません。

 

「男のくせにいつまでもぐちぐちとしつこい」という人がいますが、それこそあなたが相手を理解しようとしていない証拠です。あなたは議論から逃げて、自分の意見が否定されるのを避けているだけです。

 

理屈っぽいのではなく、根拠を持って意見を主張しているだけ

ここからは男性以外も含めて話をします。

ある意見に対する反対意見として、根拠を持って論理的に説明すると理屈っぽいと言われることがあります。

辞書的な意味では理屈っぽいで合っているのですが、ほとんどの場合はマイナスの意味が含まれています。

自分の主張が相手の論理によって崩れかけると、「そういう理屈っぽい人は嫌い」だのなんだの言って議論から逃げます。これは僕からすると全く理解できません。

あなたの主張に対する疑問点や反対意見があるからそこを問うているだけです。なら説明してくれたらいいじゃないですか?いきなり説明を放棄されて「お前は嫌いだ」なんて言われたって意味がわかりません。

反対意見を提唱し、意見を主張し、説明を求めているのにいきなり議論を放棄するような人の方が僕はよっぽど嫌いです。

中には相手を徹底的に論破するのが楽しいと感じる人もいるかもしれませんが、そうでない人は純粋に話し合いをしてお互いを理解しようとしているだけです。だから疑問に思ったところを問うて相手に説明を求めるんです。

 

理屈っぽい人が嫌い←何を求めているの?

理屈っぽい人が嫌いという人は相手にどうして欲しいのかよくわかりません。

そういう人ってあなたの言うことに無条件で従う人がいいのでしょうか?一切の反論もせず、意見も持たないような人がいいのでしょうか?あなたの意見に全て賛成してくれる人がいいのでしょうか?

 

「そこまでいかなくても、あまりにしつこい人が嫌いなだけだよ」といって途中で議論を切り上げる人に対しては、議論が途中で終わってなんか気持ち悪くない?って僕は思います。話の途中で何となくうやむやになって半分解決、半分よくわからないみたいな状態で終わりって、結局議論の長期化を避けたいだけじゃない?

もちろん議論を途中で切り上げるべき場合があるのは知っていますが、なら最終的にお互いが納得できる結論を出してから切り上げて欲しいと思います。お互いが理解できない状態で終わったらただストレス溜まっただけで、話し合った意味がないじゃん。

 

どうやって意見を伝えればいいの?

反対意見を述べるだけで面倒くさがられるし、論理的に意見を主張すると理屈っぽいって言われるし、根拠の無い説明をしたって説得力がないから理解してもらえないし、結局どうやって意見を伝えたら満足なんですか?どうしたらちゃんとした議論ができますか?

別観点からの意見があるからお互いの主張に食い違いが出るわけで、それを理屈っぽいで済ませて話し合いをしなかったらただ議論を放棄しているだけでしょ?

議論をしたがる人は理屈っぽいですか?反対意見を提唱する人は理屈っぽいですか?根拠のある主張をする人は理屈っぽいですか?相手に説明を求める人は面倒くさいですか?どうしたらそんな人と意見交換ができますか?

相手が間違っているなら間違っていると言って、その理由を説明してくれればいいだけです。それを「理屈っぽい」で済ませて説明もしなければ納得もしないなんてどっちの立場からしても気分悪いです。

別視点からの意見がそんなに嫌ですか?あなたの意見はそんなに正しいんですか?自分の主張の基盤が揺るがされるのがそんなに怖いですか?

「そんなこと言ってない!」とかいう割に人のことを理屈っぽいと言う人は自分で矛盾していることに早く気づくべきです。議論を簡単に放棄できるのはどこかでそんなふうに考えているからですよね?

 

まとめ

あくまで今回説明したのは、正当性を持って論理的に意見を主張すると理屈っぽいと言われる場合に対する反対意見です。

中にはただの自己中もいますが、それとは区別された理屈っぽい人がダメな理由がよくわかりません。

お互いの意見が食い違ったら話し合いをして理解する必要があります。それなのに一方的に議論を放棄されて、悪口まで言われたらさすがに気分が悪いです。

 

議論の長期化を避けたいというのは全くわからない訳でもないですが、僕個人としてはそれはなんだかスッキリしないというか、長期化を避けたい理由がはっきりわからないんですよね。

もしかしたら途中から面倒になったか、自分が負けそうになったからじゃないかなって今のところは考えています。別に勝ち負けを競いたくて議論しているわけじゃないんですけどね。

 

結局今回の記事で何が言いたいかというと、理屈っぽい人はお互いの意見に対する理解を深めるために議論をしたいと考えているわけで、(一部を除き)嫌がらせ目的でわざと理屈っぽく説明しているわけではないということを理解して欲しい。